鼻☆ロケ の 徒然☆ブログ徒然なるままにオヤジもすなる日記といふものを…
心に映りゆくよしなしごとをそこはかとなく書き綴りけり

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
あっ、君!これコピー頼むよ。 あと、お茶も淹れて来てくれ!! 01:12
さてさて、だいぶ日が長くなってきたものの、まだまだ寒さの続く折、殿様は若干鼻水っぽく、風邪を引いたかもしれぬ。

早きもので、如月も終えようという今日この頃、如月と云えばハニー、ハニーと云えば、羽仁カンタである。

いや、それはギリギリ無しかも…

はい、お楽しみの後は、後片付けも忘れずに!

今年初のライブを終えて感じた事をば一筆啓上。

対バンは、お馴染み「サタンオールスターズ」と初顔合せ「ウルフル2」であった。

どちらもワンマンライブでお客を呼べる剛の者達である。

コピーバンドであるが、ライブパフォーマンスを観て共通して云えるのは、拘り方が大人であること。

「ウルフル2」のステージでは、バックに燦然と光り輝く「ウ」と「AAP」の電飾。

ここまでするのか?位に本格的である。

金が掛かっているのかは定かではないが(恐らく掛かっているだろう)、手間は間違いなく掛かっているだろう。

「サタンオールスターズ」然りである。

ムッチー閣下の衣装は、既に本家デーモン小暮閣下をも凌ぎ、美川憲一或いは小林幸子ばりである。

いや、幸子EX級と云っても過言では無い。

コピーバンドと云えども、その中に強烈な個性を織り交ぜる事が出来るのは、如何にも大人な楽しみ方であると思えた。

そしてそれは、確かな演奏技術を以ってして成立している事は云うまでも無い。

何よりも自らが楽しんでいなければ、観ている方が楽しい筈も無かろう。

我等「鼻☆ロケッツ」の御家人衆にも良い刺激となった筈である。

技を磨き、観にきて頂くお客様にも更に楽しんで頂ける様、精進していこうと思う殿様であった。


筆者「殿様☆キング」


JUGEMテーマ:音楽


| ライブ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
スポンサーサイト 01:12
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hana-roke.jugem.jp/trackback/48
<< NEW | TOP | OLD>>