鼻☆ロケ の 徒然☆ブログ徒然なるままにオヤジもすなる日記といふものを…
心に映りゆくよしなしごとをそこはかとなく書き綴りけり

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
高円寺の長い夜 21:57

 絶品を堪能しつつ、程なくノブ氏にメールが…


集合場所である高円寺駅にて他のメンバーも着いたとの事で向った。


和嶋氏、鈴木氏、川端氏の御三方と合流!


さて今宵は何処にて宴を繰り広げようかと相談したところ、決めたのが此処!

ひもの屋看板


高円寺中通り「ひもの屋」である。

ひもの屋全景


昨年末にオープンしたばかりとのことで、レトロチックな雰囲気の良い居酒屋である。

ひもの屋にて全員で・・・


全員での再会と人間椅子20周年「未来浪漫派ツアー」の成功を祝し乾杯!!

濃い音楽の話で盛り上がると思いきや、何故かご先祖やら家柄の話に…


和嶋家は、旧津軽藩士で二十代以上続く由緒正しき家柄。


鈴木氏は、旧斗南藩士の血筋であり、三沢でタクシーに乗って苗字を伝えただけで家に着いちゃうなんてエピソードも…

ひもの屋にて鈴木・和嶋両氏



鶴喰殿も和嶋氏と同様に、六戸では二十代以上続く名家であったりするのである。

ひもの屋にて鶴喰殿&鈴木氏


その後も話は弾み、「人間椅子」と同じレコード会社の「Perfume」がデビュー間もない頃に共演したという、ノブ氏と彼女達との面白エピソードに爆笑したりと大いに盛り上がりつつ

ひもの屋にて殿様&ノブ氏

ひもの屋にて川端氏&殿様


「ひもの屋」をあとにするのであった…



つづく

| 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
モツにひかれて?高円寺??まいり??? 23:33

 実に2年半振りの高円寺である。

初めて来た時の感動と興奮が蘇る!

駅でノブ氏と待ち合わせ、3ヶ月振りの再会である。

先ずは、駅前の喫茶店で打合せする。打合せ#1

打合せ#2

他のメンバーとの合流まで、若干時間があったので…

高円寺を知り尽くす男、ノブ氏のお勧めの店で軽く一杯!

そう!やはりここは焼き鳥でしょう!!

と云うことで、高円寺駅ガード下にある「四文屋」へ。
四文屋#1

とりあえず再会を祝し乾杯!

ノブ氏お勧めのモツの煮込みはトロトロのまさに絶品。
四文屋にてノブ氏一押しメニュー


高円寺での熱い夜の始まりであった…


つづく

| 日常 | comments(0) | trackbacks(3) | posted by 鼻☆ロケッツ -
東京だよ、おっさん2人 22:00

 ご無沙汰しておったが、2010年初の「徒然☆ブログ」は、行って来ちゃった東京の話。

何を隠そう鶴喰城主は、只の大柄なおっさんにあらず、ボウリングの腕前では県下にその名を轟かす漢なのである。

この度、全国大会に出場するべく上京するとの知らせに、ならば前入りで1年半振りに高円寺参りと洒落込もうと云うことで便乗する事に相成った。

そう!

いつも(?)の「6時55分!八戸発東京行きやまびこ2号!おっさん二人は今日も行く〜!!」

である。

今回は、何事もなく到着し新宿で昼飯…

東南口を降りたところにある、さんらくビル2Fあら炊き塩らーめんの店「麺屋 海神」

新鮮な魚のアラを丹念に炊き上げた極上のスープが売りである。


鶴喰城主は「辛塩らーめん」を
辛塩らーめん


殿様は「塩らーめん」を食す。
塩らーめん


スープは、魚介たっぷりの寄せ鍋の出汁的な非常に上品な味であった。


が、ラーメンブログじゃないので、ここはサラッと流すことにして(笑)


食事を済ませ、「ルミネ The よしもと」を観る。


鶴喰城主は「フットボールアワー」が、殿様は「中川家」がツボであった。


さて、その後ホテルへチェックイン。


約束の時刻まで、まだ余裕があったので、目と鼻の先の都庁へGO!
都庁

展望台で絶景を堪能した。
展望台絶景1

展望台絶景2

展望台絶景3


後は、いざ高円寺へ…
高円寺駅


つづく

| 日常 | comments(0) | trackbacks(1) | posted by 鼻☆ロケッツ -
東北道中膝栗毛 13:13
さてさて2008年も7月に入り折り返し点を通過しましたな…

蒸し暑さも増して夏らしくなってきた今日この頃、皆の衆は如何お過ごしか?

はい、アツイのは季節だけではなく殿様も深くかかわっておる「ロックンナイト」の公式ブログもなかなかアツイのである。

アクセス件数は当「徒然☆ブログ」の4倍近くあるからね。

結構、興味を持っている方々も多いのではあ〜りませんか。

という訳でこちらの方には、番外編的な形で書く書くしかじか。

エ〜、殿様と鶴喰城主はある密命の為に東京へ行くことに…

東京での用事は夕方からなんだけど、田舎者二人は朝一番の新幹線をセレクト。

「何かあったら困るからね〜」などと云いつつ、中々行く機会のない花の都を徘徊しようかと考えておった。

で、5時起きで「6時55分!八戸発東京行きやまびこ2号!おっさん二人は今日も行く〜!!」って。

朝早かったんで、車内でうつらうつら…

突然、新幹線が減速停止。

??

空調が止まり、停電のため停車した旨の車内放送。

???

再度、宮城県北部で震度7の地震が発生したとの放送。

車内が騒然となる。

そう、6月14日、8時43分頃発生した岩手・宮城内陸地震である。

線路上


線路上で足止めを食らうこと1時間余り、線路に異常が無いかを確認したとのことで最寄りの新白河駅に停車するとことに。

何とか缶詰状態は免れてほっとしたが、運転再開は12時30分頃とのこと。

新白河駅ホーム


都内徘徊は絶望となったが、真の目的である約束の時刻には何とか間に合いそうである。

新白河駅は開放されたが、駅構内は大変なことになっていた。

掲示板

緑の窓口

運転再開までの間、少し早いが昼食をとりながら駅周辺を探索することにした。

ラーメンでも食べようかと思ったが、時間が早いせいか準備中が多い。

やっと見つけたのが、「だんごや」という名のラーメン屋。

だんごや?

ラーメンブログじゃないので、サラッと流して駅に戻る。(笑)

駅前には「奥の細道」の松尾芭蕉像。

芭蕉像

刻まれてある句は「心もとなき日数重るままに 白河の関にかかりて旅心定まりぬ」
芭蕉は門人曾良と共に白河の地に至り、みちのくの旅路に臨む決意を新たにしたに違いない。

偶然とは云え、殿様と鶴喰城主も白河の地に降り立ち、芭蕉や曾良の心境を垣間見たのである。

向かう方向は全く逆なんだけどね…

電光掲示板

で、結局運転再開は13時30分。

東京駅に到着したのは15時ちょうどで約5時間の遅れであったが、この日東京に到着した新幹線はこの1本のみであり、「何かあったら困るからね〜」などと云っていたことが現実となったのである。

約束の時刻を1時間程遅らせてもらいましたとさ…

末筆ではあるが、岩手・宮城内陸地震において被災された方々へ謹んでお見舞い申し上げ候。


筆者 殿様☆キング
| 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
「アレ」って何だっけ? 「ザット」ですがな・・・ 23:41
さてさて、年度末から年度始めにかけて結構タイトな生活を送りつつ気が付けば巷には桜前線到来と相成った。

はい、仕事の取引先のシャッチョさん(from USA)に、鼻☆ロケッツ謹製「南部魂」Tシャツをプレゼントして、取り敢えず海外進出の足掛かりにしたつもりである。

え〜え〜勿論シャッチョさんは喜んでおったがな。

先日、テレビのロンブーの番組で思い出せそうで思い出せない「アレ」を出演者同士が出題し合い、答える企画があった。

何でも自力で考え抜いて思い出すことは、脳の活性化になるらしい…

確かに歳をとると増えるんだよなぁ、「アレ」が…

んで、最近実際に経験した殿様の「アレ」を皆の衆にも考えて貰おうかと…

それでは、

マンガ「ど根性ガエル」のひろしの子分

ひろしの子分

の名前は何でしょうか?

答えは下の方にあるが、判らぬ者は考えるがよろしい。

思い出した時は、何とも気持ちがえぇもんじゃ。

















































正解は「五郎」でやんす!

殿様はなかなか思い出せず、二日位経ってからぴょこんと出て来おった。

皆の衆もなかなか思い出せなかった「アレ」を出題しておくんなまし。


筆者「殿様☆キング」

| 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
土用の丑の二匹目のドジョウ 00:53
さてさて、ここ最近寒い日が続いているが、皆の衆はいかがお過ごしか?

車を運転してて吹き溜まりに突き刺さりそうになった 殿様である。

はい、2月14日は、バレンタインデーなる伴天連の祝い事。

チョコレート業界の策略にまんまと嵌る民に憂いつつ、姫君から授かった手作りチョコ。

ハッピーバレンタイン!

先だっての節分には恵方巻き「丸かぶりすし」

何やら海苔業界が暗躍しているようですな…

チョコやら海苔巻やらで一喜一憂しながら、そこそこの経済効果があるのなら、それも良しか。

只、気になったのは2月14日は「にぼしの日」でもあるらしい。

に=2、棒(ぼう)=1、し=4だそうな…

すばらしい!さぁ世の婦女子の皆様、来年の2月14日は「煮干」を贈り、殿方のハートをロックオン!!

本命には超高級「下北名産焼き干しいわし」とかね。

おりしも、塩キャラメルとか柿の種チョコとか甘しょっぱ系がきてるとか。

煮干のチョコ掛けなぞもいとあわれ。

まぁ、頂けるものは有難く受け取って、ホワイトデーに備えようぞ。

我等「鼻☆ロケッツ」からもサイト訪問5000番目の方にささやかながらプレゼントを用意しておるのでお出でになるがよろしい!


筆者「殿様☆キング」
| 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
アンコ好むは四十路から 16:22
さてさて、2008年1月も早や三分の二を過ぎようとしておる。

仕事始めで久々に着た作業着のズボンのウエストがきつくて、体重計に乗ってみたら2kg増量しておった…

はい、正月気分は既に抜けたが、年末年始でたっぷりついた脂の鎧は、未だに落ちぬ。

ここ数年の正月は、食って呑んで寝ての螺旋構造を構築している殿様は、何を隠そう餅好きである。

クルミやら、アンコやら、雑煮は勿論のこと、青森県の食卓のお供「スタミナ源たれ」なんかでね…

1日3食を違った味付けで、餅のみ食うのもいとおかし。

何かの番組で爆笑問題田中裕二が、「歳を取ったらアンコがいい」と云っておったが、殿様も然り。

「南部殿様 ぼた餅好きで ゆうべ七皿 けさ八皿 チョイサ〜 チョイサ」

更に古の貴族も詠んでおる、

「この世をば わが世とぞ思う 餅好きの かけたることも なしと思えば」

いや、これは違うよなぁ…

という訳で、最近にお気に入りは…

好物

ダブルサンド 小倉&マーガリン

殿様が元服前よりあった筈なので、意外とロングセラー。

殿様は、餅も好きだがパンも好きなのでよく買ってくるのであるが、おいてあるだけで何か安心するんだよねぇこれが…

まぁ、脂は時間を掛けてじっくり落とすことにいたす。


筆者「殿様☆キング」


| 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
今年も汚れ、今年も打ち身 15:08
さてさて、2007年も残り数時間と成った。皆の衆は「偽」の年を堪能出来たであろうか?

はい、様々な「偽」が話題となったが、殿様的「偽」大賞は、「石景山遊園地」に決定!

恐るべし中国。

来年のオリンピックも実は「偽」で、本当は何処か別の国で開催されてます的なニュースが流れたりして…

まぁ、殿様にも色々あったが、2007年後半は仕事が忙しかったなぁ…

そんな中、依頼された新曲がギリギリだったけど発表出来たのは、やはり御家人衆のお陰であった。

つくづく感謝感謝。

感謝と云えば、今年も色んなイベントに声をかけて頂き、また多くの民にお出で頂き誠にもって有難きこと哉。

主催するイベントが、来年で10周年を迎えることになり、プレッシャーを感じつつも南部の民の心に残るようなものを創り上げたいと思うのであるが果たして如何に。

来年も忙しさは続くのだが、鼻☆ロケッツは転がりつづける所存にて、皆々様には今後とも益々のご愛顧の程、宜しくお願い奉りたく候。

しからば、良い年をお迎え下され皆の衆!!


筆者「殿様☆キング」

JUGEMテーマ:音楽


| 日常 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
夏が来れば思い出す 22:11
さてさて、熱い夏を過ごしつつ、次なる宴☆ライブに向け英気を養う今日この頃、皆の衆も暑いでござろう?

この時期には、やはり思い出すんだよなぁ…。


今日は一寸涼しくなって貰えるかもしれないそんなお話を…。



はい、それでは予告編から。

「今を遡ること二十数年前、若かりし頃の殿様が体験した身の毛もよだつ恐怖の体験と、その後明らかになった衝撃の真実とは…?」


えっ?

見るの?

やめた方がいいって!

最後まで読み終わってから、後悔しても知らんぞ!!

ここからは何が起こっても自己責任だから…。





そんでもって本編。

当時拙者は隣の市にある縫製工場に勤めておった。

ある時期に、慣れない仕事を任せられることになった。

今までその仕事を担当していた人が不遇の死を遂げて、その後継を任されたのである。

時期は夏だが、縫製業界は秋冬物の製造・出荷で忙しく、特に盆休み前はとても忙しいのだ。

その上慣れない仕事である。

当然のように帰りは午前様…。

朝一番で工場に届けなければならない裁断済みの布地を会社のライトバンに目一杯積み込む。

内職廻りやら工場廻りが多いので、社用車で通勤していた。

会社の戸締りを終え、帰路につく。

夏なのにその日は霧が深かった。

深夜、ほとんど車通りの無い裏道を行く。

途中に道路に面した墓地があり、ハイビームで運転していると、その光が墓石に反射し驚くことが度々ある。

でも今夜は、その心配は無かった。

そう、霧が深いからだ。

車に墓地と言えば…、

タクシーが着物の女性を乗せたが、気が付いたらその女性は居らず、シートがぐっしょり濡れていて、消えたと思われる場所が墓地の近くだった。

という話しを思い出す。

(まさかね)と思いつつ…



バックミラーを覗く…



何とそこには…




ミラー越しにこちらを覗き込む目!

そう!後の誰かと目が合ったのである!!

「?!?!!?!!!?!!!!?」




よく、映画やドラマで突然恐怖の場面に出遭遇した人が悲鳴を上げるシーンがあるけども、リアルでそんな場面に遭遇したら、絶対に声なんぞ出ないと思う。

仮に出たとしても、その状況を瞬間的に把握したその後の行動ではないかと…。


半ばパニックに陥りそうになったのだが、その一方で状況を把握しようとする自分がそこにいた。

時間にして、数秒?或いはもコンマ何秒かもしれない。


後の席には、さっき積んだばかりの大量の荷物。


座席は畳んである。


どこかで見たことのあるその目…。


今にも口から飛び出しそうな心臓の音と吹き出る汗。







そして、真実…。



遡ることその日の夕方。

経理担当の女性が、急ぎの用事で銀行へ行くことになって車を借りにきた。

かなり小柄な女性である。

バックミラーの角度なんか、有りえんくらい下向きに調整されてたりして…



そう!後の誰かとは、バックミラーに映った自分自身の目だったのだ。



一瞬にして凍りつくような恐怖と、その後じわりじわりと込上げる可笑しさを、この時期になると思い出すのである。



えっ?

長い?


だから、後悔しても知らないって云ったのに…



筆者「殿様☆キング」

| 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
| 1/1 |