鼻☆ロケ の 徒然☆ブログ徒然なるままにオヤジもすなる日記といふものを…
心に映りゆくよしなしごとをそこはかとなく書き綴りけり

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Super Live Rock'n! Night!! 2009 11:32
我等がお膝元、六戸町で11月14日(土)に行われた「Super Live Rock'n! Night!! 2009」である。

今年はエフエム青森とのコラボ企画、エフエム青森公開録音 「docomo sonic SpecialTalk and Live2009」とのダブルイベント。

出演は『坂本サトル with his band』と『人間椅子』

特に『人間椅子』の皆様には、昨年に引き続きお越し頂き、「六戸の友達」の称号まで与えられ誠に嬉しい限りである。

さて今回は、「docomo sonic」とのスケジュールの都合上、「Rock'n! Night!! 」は前日仕込みの午前9:00スタートという強行スケジュール。

本体イベント「メイプルタウンフェスタ」が午前9:30からオープニングセレモニーだったので、トップバッターの我等が終わるころスタートするという正に前代未聞。

いつもながら、企画・運営、更には出演までしてしまうと、かなり忙しく走り回っていて演奏している時のことがあまり印象に残っていなかったりするのだが、辛うじて撮ったビデオを見直して「あぁ、こんな感じだったなぁ」と・・・

今年は我が姫君が写真を撮ってくれたので、ライブの様子を載せてみる。


午前9:00、斬込み隊「鼻☆ロケッツ」でスタート!
鼻☆ロケッツ

開催までの5日間、平均睡眠時間が4時間を割り込んでいた「殿様☆キング」
殿様☆キング

今年は満を持しての出演「友☆ピコ」
友☆ピコ

久方振りの愛器復活「家老☆升爺」
家老☆升爺

六戸の若武者「旗本☆リョータ」
旗本☆リョータ

ダイエットに成功?「店長☆マルイケ」
店長☆マルイケ

テクニカルギタリスト「リョータ」とコミカルギタリスト「ピコ」の2ショット!
友&リョータ

結成当時からの不動のリズム隊「店長」&「殿様」
殿様&店長

2人併せて米寿になったよ!「升爺」&「殿様」
殿様&升爺

両者ともリードがとれる、腕に覚えの実力者!「升爺」&「リョータ」
升爺&リョータ

画像は無いが、何時もながらの名調子! 総合司会のジョン・ロード・田中&SANちゃんお疲れ様。

出演バンド&スタッフの皆様、お疲れ&有難う!

末筆となったが早い時間にも関わらず足を運んで下さった皆々様には、深く感謝の意を表します。

誠に有難う御座いました!


筆者「殿様☆キング」


JUGEMテーマ:音楽
 
| ライブ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
あっ、君!これコピー頼むよ。 あと、お茶も淹れて来てくれ!! 01:12
さてさて、だいぶ日が長くなってきたものの、まだまだ寒さの続く折、殿様は若干鼻水っぽく、風邪を引いたかもしれぬ。

早きもので、如月も終えようという今日この頃、如月と云えばハニー、ハニーと云えば、羽仁カンタである。

いや、それはギリギリ無しかも…

はい、お楽しみの後は、後片付けも忘れずに!

今年初のライブを終えて感じた事をば一筆啓上。

対バンは、お馴染み「サタンオールスターズ」と初顔合せ「ウルフル2」であった。

どちらもワンマンライブでお客を呼べる剛の者達である。

コピーバンドであるが、ライブパフォーマンスを観て共通して云えるのは、拘り方が大人であること。

「ウルフル2」のステージでは、バックに燦然と光り輝く「ウ」と「AAP」の電飾。

ここまでするのか?位に本格的である。

金が掛かっているのかは定かではないが(恐らく掛かっているだろう)、手間は間違いなく掛かっているだろう。

「サタンオールスターズ」然りである。

ムッチー閣下の衣装は、既に本家デーモン小暮閣下をも凌ぎ、美川憲一或いは小林幸子ばりである。

いや、幸子EX級と云っても過言では無い。

コピーバンドと云えども、その中に強烈な個性を織り交ぜる事が出来るのは、如何にも大人な楽しみ方であると思えた。

そしてそれは、確かな演奏技術を以ってして成立している事は云うまでも無い。

何よりも自らが楽しんでいなければ、観ている方が楽しい筈も無かろう。

我等「鼻☆ロケッツ」の御家人衆にも良い刺激となった筈である。

技を磨き、観にきて頂くお客様にも更に楽しんで頂ける様、精進していこうと思う殿様であった。


筆者「殿様☆キング」


JUGEMテーマ:音楽


| ライブ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
今年は打止め?宴☆ライブレポ… 00:55
さてさて、大分寒くなってきた。今日は南部の里にも雪がちらちら降ってきよった。

皆の衆も早目のタイヤ交換が肝要であるぞ!

拙者は毎年タイヤ交換で腰を痛めるのだが、やはり今年も…

はい、遅れ馳せながら、六戸町アマチュアバンド音楽祭「SuperLive Rock’n Night!! 2007」ライブレポートをば一筆啓上!

lapist
六戸出身の田中兄弟を軸に、今回は女性ボーカルを起てての参戦。このラインナップでは初ライブとのことだが、軸がしっかりしてるから安心して見ていられる。
斬込み隊としての働き振りは実に天晴れ!

ザッツ!レスラー
こちらも六戸出身。愛機マックを駆使した打込みをベースに、ギター&ボーカルのチェケフェクツと曲間に入る謎の覆面レスラーのスローモーな戦いっぷりという構成は新境地か。

one’s life
東北町出身のジャパメタオヤジ戦隊は、女性ボーカルを新たに加え「陰陽座」をメインに臨む。
その昔某国営放送のNHKヤングバトルに出演したこともあるという燻し銀の演奏と色香漂うボーカルが秀逸だが、メンバーの都合が合わず活動があまり出来ていない状況ということで何とも勿体無いことではある。

音音
初参戦の高校生ユニット。長いことイベントやってるが、集客面では学生さんには敵わない。
沢山の友人知人の前で唄うのは良い経験となったのでは無いだろうか?
卒業しても音楽を続け、おいらせの鮭の如く戻ってきて欲しいものである。

丸池衣料店
店長と副店長の掛け合いと、懐かしめの楽曲を公開練習の雰囲気よろしく唄い上げた。
MCに関してはツボにはまれば良いが、コアな方向へ行くとドツボとなる可能性を秘める。
要は予測不能。

田中亮太
lapistのギタリストだが、ソロでの活動も積極的にこなす。
練習量の多さが、確かな技量となっている。練習を名目に呑みに走るオッサンに爪の垢を頂きたい。

アウトローズ
現役の小学校教諭で構成されているので、教え子さんが見に来てくれる。
子供達には、オリジナルのロックはちと難しいかと思うが、日頃の教育の賜物かちゃんと聞いている。
普段と違う姿を見せることで、生徒達との話題も広がるのでは無かろうか?
何時か教え子達と共演出来るようになるまで、続けてもらいたいと思う。

BAD ASS inc.
もう何も語ることがないくらい出演してもらっているが、確かな技術と豊富な経験からなる圧倒のパフォーマンスは、若いバンドの良き手本と思う。
もっと色々な人に見てもらいたい。

Joker
こちらも経験豊富なベテラン揃い。レパートリーは幅広く、更に六戸の歌姫こと舞華も大人の雰囲気が漂い魅力を増した。
年齢的にキツくなりつつあるとのことだが、体調には十分気をつけていただき、末永く続けてほしいと切に願う。

鼻☆ロケッツ
今回は、新曲に挑戦。
歌詞が物語になっていて長いので、その内容に応じて展開のある楽曲とすることで、聴いていて飽きさせない様にした。
しかし形にしたのは、本番の一週間程前。
自分としては不本意な出来と云わざるを得ない。
他の御家人衆には、大変迷惑をかけてしまったが切腹するつもりは毛頭ない。
もそっと鍛錬した後にリベンジさせてくだされ。


来年は第10回目と云う大きな節目を迎えるが、皆の衆に支えていただき、どんな形にせよ長く続けることが出来るイベントにしていきたいと考えている。


筆者「殿様☆キング」

JUGEMテーマ:音楽


| ライブ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
残すところ2週間… 00:13
さてさて、朝晩めっきり寒くなった今日この頃、皆の衆は如何お過ごしか?

拙者は不覚にも風邪を引いてしまったようじゃ…

だがしかし、今年最後の宴☆ライブになるであろうお膝元開催の「SuperLive Rock’n Night!!」は待った無しなのである。

はい、出演バンドも決まり、残された拙者の仕事は当日配布する出演バンドのプロフィールを綴ったパンフレット製作である。

ずっとご無沙汰のブログ更新であったが、此方の方で逸早く出演バンドのプロフィールを公開致したく全力を尽くす所存にて乞うご期待。

第9回六戸町アマチュア音楽祭「Super Live Rock'n! Night!! 2007」

11月10日(土)14:00 六戸町文化ホール

― 出演予定バンド ―
lapist
ザッツ!レスラー
one’s life
音音
丸池衣料店
田中亮太
アウトローズ
鼻☆ロケッツ
Joker
BAD ASS inc.

筆者 「殿様☆キング」




| ライブ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
37℃? 平熱じゃん! 11:17

さてさて、全国的に猛暑が続く日の本で、皆の衆は如何御過ごしか?

お盆が来ますな…

呑む機会が必然的に増える今日この頃。

はい、高齢のではなく恒例のライブレポートをば一筆啓上!

8月12日(日)「十和田市AEON グランドカーニバル」は炎天下の中で開催と相成った。

雨バンドの異名を持つ我等だが、この日は晴れバンド「BAD ASS inc.」に軍配が上がる格好に。

それにしても晴れ過ぎである…

準備、待機中にも体力が消耗していく有り様。

スタート16:00なれど気温はまだ高めである。

先陣は、我等「鼻☆ロケッツ」

真☆ヒデ殿久方ぶりの参戦にて、ギターのハモり具合が音の厚みとなり、仕上がり上々。

次回フレンズライブでも期待が持てそうである。

一方、期待されていた(誰にっ?)MCは暑さのせいでキレがなく今後に課題を残すことに。

まぁ、次回は修正しますよってに…


2番手「おじゃぱめんず」

地元十和田の若人はイキがいいですな。

コピー曲もあアリだが、オリジナルも良いんだよね。


3番手「GS1/2」

初対バンだったが、何故か親近感をもつ。

女性ボーカルの浴衣姿が、初期シャモロックスの当にそれであるためか?


4番手「lapist」

思い起こせば一年前、不遇の時期もあったが、今回は良いメンバーに恵まれてきっちり纏まった感あり。

同じ六戸町出身の田中兄弟には、これからも頑張って欲しい。


5番手「BAD ASS inc.」

云わずと知れた大御所的バンドだが、メンバーチェンジ後初めて観た。

一寸アダルトになったが、脂がのって旨味が増した感じで、流石の一言に尽きますな。



末筆ながら、暑い中お出で頂いたお客様、主催者はじめスタッフの皆様、出演したバンドの皆様、誠に有難う御座いました。

筆者「殿様☆キング」

| ライブ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
恐怖の2連戦終了! 23:36
さてさて、怒涛の2連戦も終了し、残っているのは疲れのみ。

歳はとりたくない今日この頃。

はい、徒然☆ブログのネタがないので、ライブレポートをば一筆啓上!

先ずは、地元のメイプルタウンろくのへ「サマーフェスティバル2007」。

今回は諸事情により、六戸の若きドラマー「たくと」と「若様」との3ピースで臨む。

機材セッティング中に突然の雨。

やはり、雨バンド「鼻☆ロケッツ」の本領発揮かと思われたが、夕方からの本番には晴れたので一安心。

六戸の音楽シーンを担う若人二人のお陰で、拙者も楽しく演奏出来た次第。

練習量は多く取れなんだが、出来はまずまず。

冷静に考えると、若人二人の年齢を足しても、拙者一人の方がまだ多いという現実。

しかし、それほど歳が離れていても同じステージに立てるというのも、いとおかし。

「Joker」も、都合によりギタリスト一人欠員だったが、音の厚みは損なわれず、安定した演奏でござった。

大御所から若者までの活躍は、我等が「ロックノヘシティ」の安泰を予感させるものであろう!


そして、東北町湖水まつり ライブイベント。

初の「単独宴☆ワンマンライブ」であり、持ち時間は一時間。

とにかく演奏出来るもの全部出し切った訳で、演奏側としては、とりあえずここまではいけるのかと…

まぁ、観ている方はどうであったかしらん。

ちょっと肌寒かったが、小川原湖を背にした特設ステージは雰囲気も良く、入念にリハーサルをさせて頂き、とても良い状態で演奏出来たのである。

スタッフの皆様には、本当に感謝申し上げたい。


次は、8月12日(日)の十和田市AEON グランドカーニバルだが、見物は雨バンド「鼻☆ロケッツ」 VS 晴れバンド「BAD ASS inc.」の因縁の対決か?

乞うご期待!!

筆者 「殿様☆キング」
| ライブ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
日本の夏、緊張の夏。 19:16

さてさて、これから本格的暑さを迎え、あちこちでイベントが開催されますな。

はい、お祭り好き(一部の民からは祭りバカと云われておるが…)の拙者にとっては、血湧き肉躍る季節です。

そんな中でも毎年7月下旬(土・日)に行なわれる「東北町湖水まつり」は、見所満載です。今年は28、29日となりますが、初日のメインイベントは、打上げ数3,000発を誇る創作花火コンクール。これは見応えありだな…。

二日目も、「宝さがし大会」や「手作りいかだレース」なんてのがあり、こちらも結構楽しめること間違いなし。

そして、まつりの締めとも云えるライブイベントに今年もお誘い頂いた次第だが、出演は何と「鼻☆ロケッツ」のみ。

そうです。「単独宴☆ワンマンライブ」です。

本当に我等に任せて大丈夫なのか??

主催者様は、勇気ある決断をなさったもので御座います。

素敵な、ポスターまでこしらえて頂きました。

東北町湖水まつりライブイベントポスター其の壱

東北町湖水まつりライブイベントポスター其の弐

全く有り難いことで御座います。

という訳で、期待に応えなければ、漢じゃない!

我等は、南部魂を奮い起こし、益荒男ぶりをお見せ致します。

かくして、皆の衆のお越しを心よりお待ち申し候。


筆者「殿様☆キング」
| ライブ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
今年初の宴☆ライブ終了! 00:07
無事に終えることが出来ました。まずは、見に来てくださったお客様、特に地元六戸から更には十和田から来てくれた皆様には感謝です。
『enn交ライブ』出演バンド、主催のROXXゆきさんをはじめとするスタッフの方々、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

さて、独断と偏見のライブレポートをば一筆啓上!

Dive Line(八戸)
3ピースはバンドとしての最小単位なれば、各パートそれぞれが演奏と歌に気を抜けないという緊張感があり、それが醍醐味。
このバンドは、演奏・歌ともにレベルが高く、適度な緊張感の中に安定感があり、それが魅力。
オヤジがいうのも何だが、まさにカッコイイ!の一言である。

鼻☆ロケッツ
友☆ピコが仕事で、来れるかどうか判らないまま、最悪の事態を想定して若様に唄わすことにしていた。
結局、間に合って来たので、「鼻ロケのテーマ」はいつも通り。
とんだハプニングだが、それすらをもネタにする。
これまさに鼻ロケ流。

『ゆ』(仙台)
自分の中にあったアコースティックの弾き語りという概念が見事に崩れた。
確かに弾き語ってはいるが踊ってもいる。いや、戦っていると思う。
そして何しろ濡れているのである。
同じ匂いはするものの、鼻ロケはあんなに濡れない。
百聞は一見に如かず。己が目で確かめるのが一番かと…。
まさに仙台からの刺客。

megu(八戸)
ギター&キーボードでの弾き語り。
そこはまさに癒しの空間。
そう!本来こっちだよこっち!!
でも、歌のうまい人って近くにいるもんだなぁ…。
まさに八戸の歌姫なり!

awesome carbon(仙台)
こちらも3ピース。だが、歌は少ない。ほぼインスト?
淡々と演奏しているが、聴いているうちに引き込まれていく感じ。
そして、ゆる〜いMC。個人的にこれがツボ。
独特の雰囲気と全体的纏まり感あり!

アストロ球団風(八戸)
同年代であり、選曲はバラエティに富みまさにツボ。
ユーモア溢れるMCと相俟って貫禄といった風。
満身創痍の持病持ち超人バンドは、同年代にとって励みとなる。
プチ打上げで、SEの「ママ号の歌」を授かり家宝とすることにした。
5月3日、仙台のennに乗込む予定とのこと。
是非、頑張って欲しい。


筆者「殿様☆キング」
| ライブ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 鼻☆ロケッツ -
| 1/1 |